ラクーンの買取査定額の相場と高価買取のポイントを紹介!ラクーンの査定は実績豊富な弊社へ

ご自宅にあまり着用しなくなったラクーンの毛皮製品はございませんか?希少性が低くリーズナブルなラクーンの毛皮は、安価な買取となる傾向にあります。しかし、加工しやすく幅広い製品に使用されており、ブランドやデザイン次第では高額買取の可能性も。高価買取満足度No.1のウリエルに、お気軽にご相談ください。

ラクーンの買取例

ご都合に合わせてお手間なく買取させていただきます
買取専門店ウリエルの
3つの買取方法
  • 手間いらず。高価なものでも安心
    出張買取
    • ●出張料無料
    • ●その場で現金買取
    • ●その場で追加OK
    詳しくはこちら
  • 忙しい方にピッタリ!
    宅配買取
    • ●全国対応
    • ●査定用キットを無料送付
    • ●送料、査定料、振込手数料無料
    詳しくはこちら
  • 予約なしで行きたいときに立ち寄れる
    店頭買取
    • ●その場で現金買取
    • ●個別対応でプライバシー対策
    • ●ご予約不要
    詳しくはこちら
ご相談・買取予約・査定依頼などお気軽にお問い合わせください
営業時間 : 年中無休 9:00~18:00
買取予約 WEB査定 LINE予約

中小企業からニッポンを元気にプロジェクト
公式アンバサダー ウエンツ瑛士

新型コロナウイルス対策を徹底しています

お客様の声

ご都合に合わせてお手間なく買取させていただきます
買取専門店ウリエルの
3つの買取方法
  • 手間いらず。高価なものでも安心
    出張買取
    • ●出張料無料
    • ●その場で現金買取
    • ●その場で追加OK
    詳しくはこちら
  • 忙しい方にピッタリ!
    宅配買取
    • ●全国対応
    • ●査定用キットを無料送付
    • ●送料、査定料、振込手数料無料
    詳しくはこちら
  • 予約なしで行きたいときに立ち寄れる
    店頭買取
    • ●その場で現金買取
    • ●個別対応でプライバシー対策
    • ●ご予約不要
    詳しくはこちら
ご相談・買取予約・査定依頼などお気軽にお問い合わせください
営業時間 : 年中無休 9:00~18:00
買取予約 WEB査定 LINE予約

中小企業からニッポンを元気にプロジェクト
公式アンバサダー ウエンツ瑛士

ラクーン=タヌキではなくアライグマだった!?

アライグマ

ラクーンには2種類ある

お手元の辞書あるいはインターネットで「ラクーン」を和訳すると、「アライグマ」と記載があるはずです。

では、流通している「ラクーン」表記の毛皮はすべてアライグマなのかというと…実は日本においては、つい最近まで「アライグマ」と「タヌキ」の毛皮がどちらも「ラクーン」として表記されていました。

タヌキという動物は東アジア特有の動物であり、英語にはピッタリそのままの語彙が存在しません。

そのため、タヌキの英訳は「ラクーンドッグ」で、アライグマとイヌの中間、というニュアンスの単語になっています。

これを受けて、毛皮名を英語表記していた日本の毛皮業界では、タヌキもアライグマも同じ「ラクーン」表記でよいではないか、としてきました。

「タヌキの毛皮」と表記があるより、横文字で「ラクーン・ファー」と表記されていたほうが高級感がある、という我が国特有の事情もあったようです。

しかし、これでは「タヌキ隠し」であり消費者に混乱をもたらすと判断され、2007年に公正取引委員会より従来の表記を改めるよう指導がありました。

この結果、現在では「ロシアンラクーン/タヌキ」といった具合にどちらの毛皮なのか判断できる表記となっています。

ちなみに現在流通しているタヌキの毛皮は、ロシア産タヌキ(ロシアンラクーン)、フィンランド産タヌキ(フィンラクーン)、そして中国産タヌキ(チャイニーズラクーン)が主です。

「アメリカンラクーン」、「カナディアンラクーン」と表記があるものはアライグマになります。

2007年以前に購入されたラクーン製品をお持ちの方は、一度専門鑑定士のいる業者にアライグマなのかタヌキなのか鑑定を依頼することをおすすめします。

ラクーンの特徴

ボリューム感と保温性

ラクーンの毛皮は毛足が長いためボリューム感があり、中に空気を多く含むことができます。

このことから保温性が非常に高く、寒い環境でも身を守ってくれる素材です。耐久性

刺し毛が長いことから、多少乱雑に扱っても綿毛が抜けにくい構造です。

そのため耐久性が高く、長く使用することができます。

デメリットとしての吸収性

保温性のメリットとして挙げた空気を多く含むことができる特徴ですが、これは匂いを吸収しやすいというデメリットにもなります。

汗や香水の匂いなどが悪臭として残る可能性がありますので、帽子として愛用しているような際には、身に着けるたびに陰干しなどをして匂いを除去しましょう。

アライグマとタヌキの毛皮の違い

アライグマとタヌキの違いですが、見た目はアライグマのほうが全体的に毛足が長く、尾の部分に特徴的なリング状の斑紋があります。

製品の記載ではどこの国産の毛皮なのかで判断することができ、「アメリカンラクーン」「カナディアンラクーン」と記載のあるものはアライグマ、「ロシアンラクーン」「チャイニーズラクーン」「フィンラクーン」はタヌキです。

ですが、見た目だけで素人がどちらの毛皮なのか判別するのはかなり難しく、やはり専門鑑定士のいる業者に鑑定を依頼するのが一番でしょう。

ラクーンと他の毛皮製品との違い

ラクーンと他の毛皮の違いとして大きいのは、そのリーズナブルさです。

セーブルやミンクなどの毛皮に比べ高級感や素材としての評価はあまりありませんが、リーズナブルですので手に入れやすいのです。

理由のひとつとして、アライグマの繁殖力が非常に高くすぐ増えるため、希少性が低いという点があります。

そのためかラクーンのみで仕上げたファーコートなどはあまり作られておらず、帽子や襟元、袖口のワンポイントに使われることが多いです。

ラクーンの歴史とその価値

ダミー画像

ラクーンの歴史

ラクーンが毛皮として活用されるようになったのは、アメリカの西部開拓時代です。

多くの毛皮の歴史がヨーロッパやロシアから始まっていますが、ラクーンはアメリカの開拓民たちが寒さをしのぐために、毛皮の帽子などとして利用し始めたのがルーツと言われています。

現地での需要はあったもののそれほど人気が無かったラクーンですが、1950年代に巻き起こったカウボーイブームで登場人物が身に着けていたため人気が急騰。

一時はアライグマが乱獲され絶滅も危ぶまれていましたが、繁殖力が非常に高いためこの危機は回避できたようです。

現在ではブームも落ち着き、身近にあるリーズナブルな毛皮として世界中で親しまれています。

ラクーンの毛皮としての価値

ラクーンの毛皮としての価値ですが、実際のところ他の毛皮より高いとは言えません。

その理由として、以下のようなものが考えられます。

・見た目や肌ざわり

ラクーンの毛皮は毛足が長く、毛質も柔らかさや滑らかさはあまり無いため、セーブルやミンクのような毛皮にくらべると高級感が感じられません。

しかし、長い毛足は高い保温性を持ち耐久度も高いため、防寒という毛皮本来の用途としては高い実用性を持っています。

・希少性が低い

ラクーンは繁殖力が非常に高い動物であり、自然界での個体数が多く飼育も容易です。

カウボーイブーム時にアメリカで乱獲され絶滅が危ぶまれましたが、ブーム後あっという間に個体数が回復したほどです。

そのため、毛皮の希少性という点で低く、高値は付かないのが現状です。

ラクーンを使った製品で有名なブランドは?

ラクーン自体の希少性はあまり高くなく、ラクーン素材のみで仕上げたコートなどは数が多くありません。

しかし袖口や襟元などワンポイントして使用される毛皮としては人気が高く、ハイブランドをはじめ多くのブランドで取り扱われています。

  • トム フォード
  • ミスター アンド ミセス イタリー
  • サルヴァトーレ フェラガモ

これらのブランドでは主にジャケットやコートでラクーンが使用されており、おおむね高値で取引される傾向があります。

ほかにも国内外を問わずさまざまなメーカー・ブランドで、ラクーン素材は使用されています。

デザインのトレンドによっても価格は上下するため、自己判断せず専門業者に相談するのがおすすめです。

ラクーン買取価格の相場と査定額決定のポイント

電卓で見積もり

ラクーン買取価格の相場

ラクーンの毛皮はリーズナブルな価格で販売されており、買取の際もその傾向があります。

例としてノーブランドのマフラーでしたら、1,000円が相場です。

アイテムによって異なりますが、だいたいは数千円の範囲に収まっています。

査定額決定のポイント①ブランド

ラクーンはハイブランドのアイテムで使用されることも多く、そういった場合は相場を大きく上回る可能性があります。

ラクーンファーを使用したハイブランドのコートなどは、数万円の価格が付くことも珍しくありません。

査定額決定のポイント②毛皮のサイズ・デザイン

ラクーンの毛皮自体は価格が高くありませんが、ラクーンは加工しやすい素材であり、多くのアイテムに使用されています。

質の良いラクーンが大きなサイズで使用されていたり、アイテムのデザインそのものが良かったりすれば、買取価格が高くなる可能性があります。

デザインにはトレンドの要素もあるため、専門業者への早めの依頼がおすすめです。

査定額決定のポイント③ラクーンの種類

ラクーン表記のある製品でも、実際はタヌキの毛皮である場合があります。
特に2007年以前に国内で購入した製品には注意が必要です。

専門鑑定士のいる業者に鑑定を依頼することをおすすめします。

現在の表記では、

「カナディアンラクーン」、「アメリカンラクーン」と記載されているものはアライグマです。

「ロシアンラクーン」、「フィンラクーン」、「チャイニーズラクーン」がタヌキになります。

これらの違いを素人が見分けるのは困難なため、お持ちの品がどちらかわからない、迷うという場合には実績ある専門業者に任せるのが安心です。

必見!ラクーンを高値で買取してもらうためには?

ファー2種類

クリーニングなど最低限のお手入れを

ラクーンに限ったことではありませんが、毛皮製品は日ごろからお手入れをしていないとコンディションがどんどん落ちていきます。

使用後はホコリを払い、もし濡れてしまった場合は乾いた布で毛並みに沿って優しく拭きましょう。

汚れてしまった場合はクリーニングが必要です。

その際は必ずクリーニング店で「パウダークリーニング」と指定してください。

毛皮専用のクリーニングですので、コンディションが見違えるように良くなります。

着ない・使わないものは早めに依頼する

ラクーンの査定では、カビなどの汚れや破れの有無も重要なポイントです。

毛皮はデリケートな素材であり、使わないものは適した保管方法でないと劣化が進んでしまいます。

また、デザインが古くなると買取価格も下がる傾向にあるため、着ない・使わないものは早めに専門鑑定士のいる業者に依頼したほうがよいでしょう。

実績ある買取業者へ依頼

ラクーンを売却する際は、必ず実績ある買取業者へ依頼するようにしましょう。

というのも国内のラクーン製品にはアライグマの毛皮とタヌキの毛皮の2種類があり、この見極めは素人には大変難しいからです。

2007年に規定が変わり、現在販売されている製品には違いが明記されています。

ですが、2007年以前に購入した製品は専門鑑定士のいる、実績ある業者に鑑定を依頼するのが一番です。

ラクーン買取に関する
よくあるご質問

  • 数十年前の古い毛皮は今でも買取してもらえますか?

    古い毛皮でも買取いたします。状態や種類によって価格が付けられない場合もございますが、しっかりと拝見させていただき判断いたしますので、ぜひ無料査定をご利用ください。

  • 有名ブランド以外の毛皮でも買取可能ですか?

    “もちろん可能です。
    毛皮の種類によっては、高い買取価格がご提示できる場合もあります。”

  • 毛皮の種類が分からなくても大丈夫?

    “はい、まったく問題ございません。
    ウリエルの経験豊富な査定士がしっかりと査定させていただきます。”

  • ほつれていたり汚れている場合も買取してもらえる?

    “お品物の状態を拝見してみないと買取可能かの判断はできません。
    査定に費用は掛かりませんので、ぜひ一度お持ち込みください。”

  • 毛皮の査定はコートのみですか?

    コート以外でも、ストールやバック、ショールなどの小物類も幅広く買取しております。

  • 毛皮で高く買取してもらえるブランドはありますか?

    “市場相場や在庫状況、またお品物の保存状態などによって買取価格は変動します。
    毛皮の買取については、毛皮の紹介ページをご参照いただくか、直接お問い合わせください。”

  • 査定をキャンセルした場合、料金は発生しますか?

    ウリエルでは、査定料や買取手数料、キャンセル料、出張費用などすべて無料でご利用いただけます。お客様にご負担いだだく料金は一切ございません!お気軽にご利用ください。

  • 毛皮と一緒に複数点買取に出したいです。他のブランド品も一緒に持ち込んでも大丈夫ですか?

    はい、まとめて査定させていただきます。ウリエルでは、さまざまなジャンルの買取に対応しておりますので、どのようなお品物でも遠慮なくご依頼ください。それぞれ専門知識をもつ査定士が誠意をもって対応いたします。

毛皮買取コラム

ご都合に合わせてお手間なく買取させていただきます
買取専門店ウリエルの
3つの買取方法
  • 手間いらず。高価なものでも安心
    出張買取
    • ●出張料無料
    • ●その場で現金買取
    • ●その場で追加OK
    詳しくはこちら
  • 忙しい方にピッタリ!
    宅配買取
    • ●全国対応
    • ●査定用キットを無料送付
    • ●送料、査定料、振込手数料無料
    詳しくはこちら
  • 予約なしで行きたいときに立ち寄れる
    店頭買取
    • ●その場で現金買取
    • ●個別対応でプライバシー対策
    • ●ご予約不要
    詳しくはこちら
ご相談・買取予約・査定依頼などお気軽にお問い合わせください
営業時間 : 年中無休 9:00~18:00
買取予約 WEB査定 LINE予約

中小企業からニッポンを元気にプロジェクト
公式アンバサダー ウエンツ瑛士