古金銀の買取はウリエルへ!種類別の買取価格・相場から高額買取が見込めるものを解説します

ご自宅に見慣れない昔のお金はありませんか?もしかするとそれは古金銀かもしれません。 昔の通貨である古金銀は、希少性から価値が高く、高額での買取が見込めることもあります!買取に出す際には、「古銭」の専門知識があるウリエルにご相談ください。専門の査定士が無料で査定をいたします。

古金銀の買取例

  • 千葉県千葉市出張買取
    買取日:2021/04/03古金銀

    古金銀

    買取価格
    ¥1,000
ご都合に合わせてお手間なく買取させていただきます
買取専門店ウリエルの
3つの買取方法
  • 手間いらず。高価なものでも安心
    出張買取
    • ●出張料無料
    • ●その場で現金買取
    • ●その場で追加OK
    詳しくはこちら
  • 忙しい方にピッタリ!
    宅配買取
    • ●全国対応
    • ●査定用キットを無料送付
    • ●送料、査定料、振込手数料無料
    詳しくはこちら
  • 予約なしで行きたいときに立ち寄れる
    店頭買取
    • ●その場で現金買取
    • ●個別対応でプライバシー対策
    • ●ご予約不要
    詳しくはこちら
ご相談・買取予約・査定依頼などお気軽にお問い合わせください
営業時間 : 年中無休 9:00~18:00
買取予約 WEB査定 LINE予約

中小企業からニッポンを元気にプロジェクト
公式アンバサダー ウエンツ瑛士

新型コロナウイルス対策を徹底しています

お客様の声

  • 査定員が知識が豊富な方で助かりました!
    出張買取古金銀30代男性神奈川県横浜市にお住まいのお客様

    祖父の集めていたものなので私には何かわかりませんでしたが、丁寧に説明しながら見ていただけました。いろいろな形や種類のものがあったので査定員が知識が豊富な方で助かりました。

    ウリエル査定士からのコメント

    おじいさまのコレクションの古銭を買取させていただきました。かなり量があるけどどうしたら良いかわからないとのことでしたがすべてお値段のつくものでしたのでまとめてお買取りさせっていただきました。状態が悪く、価値のわからない古銭でもウリエルではしっかりと査定させていただきます。この度はご利用いただき誠にありがとうございました

ご都合に合わせてお手間なく買取させていただきます
買取専門店ウリエルの
3つの買取方法
  • 手間いらず。高価なものでも安心
    出張買取
    • ●出張料無料
    • ●その場で現金買取
    • ●その場で追加OK
    詳しくはこちら
  • 忙しい方にピッタリ!
    宅配買取
    • ●全国対応
    • ●査定用キットを無料送付
    • ●送料、査定料、振込手数料無料
    詳しくはこちら
  • 予約なしで行きたいときに立ち寄れる
    店頭買取
    • ●その場で現金買取
    • ●個別対応でプライバシー対策
    • ●ご予約不要
    詳しくはこちら
ご相談・買取予約・査定依頼などお気軽にお問い合わせください
営業時間 : 年中無休 9:00~18:00
買取予約 WEB査定 LINE予約

中小企業からニッポンを元気にプロジェクト
公式アンバサダー ウエンツ瑛士

古金銀は昔の通貨で古銭の一種

江戸時代のイメージ

古金銀とは、江戸時代に入る頃から明治時代まで使われていた、金貨と銀貨の通貨のことです。
古金銀は、日本国内に貨幣経済を浸透させる役割を持っていました。
江戸時代以降、小判や、穴が空いた銭(穴銭)が流通しました。庶民は紐に通した穴銭を大量に持ち運ぶしかありませんでしたが、その中間の役割を果たす貨幣として「古金銀」が登場。

古金銀は、現在の500円や1,000円のような役割を果たしていました。
これにより貨幣経済が国内に普及したと言われており、以後250年以上もの間流通していました。
古金銀は、現在でもコレクターの間では非常に高い人気があり、活発に取引されています。
手に入りにくいものだと数百万円で取引されるケースもあります。

古金銀の種類

何種類かの硬貨

先述したように、古金銀には「金貨」と「銀貨」の2種類があります。
また、額面によって次の7種類に分類されます。
【古金銀の種類】

1.一分金(いちぶきん)
2.一分銀(いちぶぎん)
3.二分金(にぶきん)
4.一朱銀(いっしゅぎん)
5.一朱金(いっしゅきん)
6.二朱銀(にしゅぎん)
7.二朱金(にしゅきん)

この中でも特に価値が高い「一分金」、「二分金」、「一文銀」、「二朱銀」について、それぞれ詳しく説明していきます。

一分金

1599 年(慶長 4 年)~1867 年(慶応 3 年)にかけて鋳造された金貨です。
全部で12種類あり、後期になるにつれ品質が低下しています。
一分金は4枚で小判1枚と交換できました。

・素材:金と銀の合金材を原料とする金貨
・形:長方形
・当時の通貨としての価値:1/4両小判

状態が良いものだと、種類によっては400万円前後で取引される硬貨もあります。

二分金

1818年(文政元年)~1869年(明治2年)にかけて鋳造された金貨で全部で5種類あります。
額面に比べて金の含有率が低いことから、一分金の補助的な役割でした。
2枚で小判1枚と交換できました。

・素材:金と銀の合金材を原料とする金貨。
    一分金と比べて、金の含有率が低く抑えられました。
・形:長方形
・当時の通貨としての価値:1/2両

一分銀

1837年(天保8年)~1869年(明治2年)にかけて鋳造された銀貨です。
表面に「一分銀」裏面には「定 銀座 常是」と印字されており、全部で4種類あります。
4枚で小判1枚と交換できました。

・素材:銀が80%以上
・大きさ:長方形
・当時の通貨としての価値:1/4両小判

二朱銀

1772 (安永1) 年~1824 (文政7) 年にかけて鋳造された銀貨です。
全部で3種類あります。
二朱銀の中でも1859年(安政6年)の安政二朱銀は流通していた期間が短かったため、希少性が高くなっています。

・素材:銀が80%以上
・形:長方形
・当時の通貨としての価値:1/8両小判

古金銀の相場

相場が上がっている図

古金銀の相場は、発行年や発行枚数、保存状態により大きく異なります。
鋳造期間が短く、現存数が短いものは価値が高くなる傾向にありますが、数多く流通し現存数が多いものは価値が低いとされるものもあります。

古金銀の相場の決まり方

古金銀の買取相場を決める要素についてご紹介します。
主に、次の5種類があります。

・発行された年・鋳造期間…鋳造期間が短いほど価値が高くなります
・発行枚数…少ないほど価値が高くなります
・既存数…現在残っている枚数が少ないと価値が高くなります
・製造時の刻印にミスがあるか…表裏の模様や文字が逆さまになっている「逆打ち」などのエラーコインだと希少価値が上がります
・保存状態…未使用品や美品だと価値が高くなります

その他にも、市場での人気によっても価値が左右されることがあります。
買取業者に査定を依頼する際に確認すると良いでしょう。

古金銀の種類(発行年)別の相場

古金銀は、12種類あります。
その中でも希少性が高い、一分金(一分判金)、二分金(二分判金)、一分銀、二朱銀の相場について、それぞれの買取相場を表にしてご紹介します。
【一分金(一分判金)】

種類 発行年 買取相場
額一分判金 1599年(慶長4年) 200万円~400万円
慶長一分判金 1601年~1695年(慶長6年~元禄8年) 3万円前後
元禄一分判金 1695年~1710年(元禄8年~宝永7年) 5万円前後
宝永一分判金 1710年~1714年(宝永7年~正徳4年) 3万円~15万円前後
正徳一分判金 1714年(正徳4年) 20万円~80万円前後
享保一分判金 1716年~1736年(享保元年~元文元年) 1万円~2万円前後
佐渡一分判金 1714年(正徳4年) 50万円前後
元文一分判金 1736年~1818年(元文元年~文政元年) 1万円~3万円前後
文政一分判金 1819年~1829年(文政2年~文政11年) 6,000円~1万円前後
天保一分判金 1837年~1858年(天保8年~安政5年) 8,000円~1万円前後
安政一分判金 1859年(安政6年) 8万円~40万円前後
万延一分判金 1860年~1867年(万延元年~慶応3年) 2万円~15万円前後

【二分金(二分判金)】

種類 発行年 買取相場
文政二分判金の真文二分 1818年~1828年(文政元年~文政11年) 1万円~4万円前後
文政二分判金の草文二分 1828年~1832年(文政11年~天保3年) 6,000円~3万円前後
安政二分判金 1856年~1860年 (安政3年~万延元年) 3,000円~1万円前後
万延二分判金 1860年(万延元年)~明治初期 1万円~8万円前後
明治二分判金 1868年~1869年(明治元年~明治2年) 1,000円~2,000円前後

【一分銀】

種類 発行年 買取相場
天保一分銀 1837年~1854年(天保8年~安政元年) 1,000円~5万円
庄内一分銀 1837年~1854年(天保8年~安政元年) 2万円~3万円
安政一分銀 1859年~1868年(安政6年~明治元年) 5,000円~50,000円
明治一分銀 1868年~1869年(明治元年~明治2年) 40,000円~80,000円

【二朱銀】

種類 発行年 買取相場
古南鐐二朱銀(明和南鐐二朱銀) 1772年~1824年(明和9年~文政7年) 1万円~10万円前後
新南鐐二朱銀 1824年〜1830年(文政7年~文政13年) 1,000円~3,000円前後
安政二朱銀 1859年(安政6年)の単年 1万円~10万円前後

プレミア?!高額買取が期待できる古金銀

古金銀は希少性や歴史的価値に加え、金と銀が含まれていることから、どの古金銀でも一定の価値があります。
その中でも特に希少価値が高い次の3つは、高値での買取が期待できます。

・正徳一分判金
・文政二分判金
・安政二朱銀

正徳一分判金


ダミー画像

正徳一分判金(しょうとくいちぶばんきん)は、鋳造期間が4ヶ月と短い、非常に希少価値が高い貨幣です。
純金度がとても高く、K20に相当します。
現存する数も少ないため、買取相場は高く20万円~80万円程度です。
本物であれば高値で取引されますが、偽物も多く流通しているため、注意が必要です。
また、慶長一分金とデザインが似ているため、プロの鑑定士などにしっかりと見極めてもらうようにしましょう。

発行年:正徳4年(1714年)
素材:金857/銀143
重量:4.43g
発行枚数:正徳小判金と合わせて213,500枚
(正徳一分判金はその半数程度の枚数とされています)

文政二分判金

文政二分判金(ぶんせいにぶばんきん)には、「真文二分判(しんぶんにぶんばん)」と「草文二分判(そうぶんにぶんばん)」の2種類があります。
それぞれご紹介します。
【真文二分判】

ダミー画像

裏面に楷書体で「文」という文字が刻まれていることから、真文二分判は真字二分金(しんじにぶきん)と別名で呼ばれることもあります。
買取相場は1万円~4万円程度です。

発行年:文政元年~文政11年
素材:金563/銀437
重量:6.52g
発行枚数:2,986,022枚

また、逆打ち(表と裏の上下が逆になっているもの)であれば、15万円程度の買取価格も期待できます。

【草文二分判】

ダミー画像

裏面には草書体で「文」の字が刻まれています。

発行年:文政11年~天保3年
素材:金490/銀510
重量:6.56g
発行枚数:2,033,061枚

買取価格の相場は6千円~3万円程度です。
されに逆打ちのものだとさらに希少価値が高くなり、買取相場は50万円を超える可能性もあります。

安政二朱銀



ダミー画像

安政二朱銀(あんせいにしゅぎん)は、横浜港開港の際に貿易取引のための貨幣として生まれました。
国内小判の海外への流出を、できる限り抑える目的で作られました。
貿易のために作られたので、日本国内では流通せず、また貿易で通用したのも22日間と短期間でした。
約70万枚作られましたが、現残数が少なく希少価値が高くなっています。
江戸時代に作られた銀貨の中では、最も相場が高くなっています。
買取相場は1万円~10万円程度です。
状態が良いものが少なく、美品や極美品であればさらなる高値も期待できます。

発行年:1868年~1869年(安政6年)
素材:銀845/他155
重量:13.62g
発行枚数:706,400枚

古金銀を少しでも高値で売るなら?

古金銀を買取に出すとき、少しでも高く買い取ってもらうにはどうしたら良いでしょうか。
ポイントは、「汚れや錆びがあっても触らない」「鑑定書があればつける」の2つです。

汚れや錆びがあっても触らない

古金銀はデリケートなため、もろくなった部分が剥がれたりすることがあります。
さらに、洗剤などの薬剤を使用することで化学反応を起こし、変色する可能性があるので注意が必要です。
汚れや錆があるからといって、スポンジや布で拭くことは避けましょう。
細かなキズがついてしまうこともあり、査定額も低くなってしまう可能性があります。
ついている汚れによっては、歴史を物語るものとして重宝されることもありますので、できるだけ触らないようにして保管しましょう。
保存状態を良くするためにも、直射日光を避けてケース等に入れて収納すると良いでしょう。

鑑定書があればつける

ダミー画像

鑑定書があれば、買取価格のアップが期待できます。
鑑定書は、日本貨幣商協同組合(JNDA)に依頼することで入手可能です。
鑑定の料金は持ち込む貨幣の値段によって変わりますが、10万円未満だと鑑定料は5千円。
しかし、事前に鑑定しておくことで、財産としての価値を証明出来ます。
日本貨幣商協同組合(JNDA)の鑑定書は信頼も厚く、収集用貨幣の日本で唯一の公的な鑑定書です。
貨幣の正しい評価のために活用しましょう。
また、日本貨幣商協同組合以外に、古銭商が独自に鑑定書を発行しているところもありますが、店舗名や個人名の鑑定書だと査定に影響しないケースがあるので注意が必要です。
また、鑑定書以外にも専用ケースなどの付属品があればつけるようにしましょう。

古金銀買取に関する
よくあるご質問

  • 古銭の種類が不明ですが買取してもらえますか?

    古銭の専門知識をもつ査定士が担当いたしますのでご安心ください。買取可能な古銭であれば、適正な価格にて買取させていただきます。

  • 古銭に傷や汚れがあっても価値はありますか?

    お品物の状態によりますが、傷や汚れがあっても価値の高いものは数多く存在しております。実際に拝見させていただかないのと判断致しかねますので、ぜひ無料査定をご利用ください。

  • 古い紙幣も買取対象ですか?

    種類や保存状態によりますが、基本的には買取可能です。お気軽にご相談ください。

  • 同じ古銭でも年号が違うと買取価格は変動しますか?

    年号によって発行枚数が違うことがあります。その場合、買取価格は大きく変動します。

  • 古銭やコインは日本のもの以外も買い取ってもらえますか?

    はい、買取可能です。ウリエルでは、中国古銭や外国コインなど幅広く買取しております。なかでも中国古銭は、日本の古銭以上に価値が高いものも存在しますので、ぜひお問い合わせください。

  • 古銭1枚の場合でも出張買取に来てもらえますか?

    はい、1枚からでも出張買取をご依頼いただけます。希少な古銭は、1枚でも高額買取できる場合もございますので、遠慮なくお問い合わせください。

  • 査定をキャンセルした場合、料金は発生しますか?

    ウリエルでは、査定料や買取手数料、キャンセル料、出張費用などすべて無料でご利用いただけます。お客様にご負担いだだく料金は一切ございません!お気軽にご利用ください。

  • 箱や鑑定書の付属品がある場合は、査定時に一緒に出すべきでしょうか?

    “はい、ぜひとも一緒にお持ちください。
    付属品はお品物の価値を証明する材料となりますので、価値を見極めやすくなります。
    また、付属品が揃っていた方が買取価格が高くなるケースが多いため、お持ちの際は必ずお品物と一緒にお持ち込みください。”

  • 古銭は宅配買取では対応してもらえないのですか?

    申し訳ございませんが、法令により古銭の宅配買取は受け付けておりません。宅配以外の出張買取や店頭買取は対応しておりますので、こちらでご売却をご検討ください。

古銭買取コラム

ご都合に合わせてお手間なく買取させていただきます
買取専門店ウリエルの
3つの買取方法
  • 手間いらず。高価なものでも安心
    出張買取
    • ●出張料無料
    • ●その場で現金買取
    • ●その場で追加OK
    詳しくはこちら
  • 忙しい方にピッタリ!
    宅配買取
    • ●全国対応
    • ●査定用キットを無料送付
    • ●送料、査定料、振込手数料無料
    詳しくはこちら
  • 予約なしで行きたいときに立ち寄れる
    店頭買取
    • ●その場で現金買取
    • ●個別対応でプライバシー対策
    • ●ご予約不要
    詳しくはこちら
ご相談・買取予約・査定依頼などお気軽にお問い合わせください
営業時間 : 年中無休 9:00~18:00
買取予約 WEB査定 LINE予約

中小企業からニッポンを元気にプロジェクト
公式アンバサダー ウエンツ瑛士