プレミア切手の買取ならウリエルへ!査定額の相場や価値の高いプレミア切手について解説します

プレミア切手は、今が高く売れるチャンスです!プレミア切手は需要や時代背景によって価値が大きく変動し、近年ではその価値が低下しています。そのため、不要になったプレミア切手をお持ちであれば、少しでも早く売ることが賢明と言えます。切手の高価買取実績が豊富なウリエルに、ぜひ大切なプレミア切手買取をご依頼ください。

プレミア切手の買取例

ご都合に合わせてお手間なく買取させていただきます
買取専門店ウリエルの
3つの買取方法
  • 手間いらず。高価なものでも安心
    出張買取
    • ●出張料無料
    • ●その場で現金買取
    • ●その場で追加OK
    詳しくはこちら
  • 忙しい方にピッタリ!
    宅配買取
    • ●全国対応
    • ●査定用キットを無料送付
    • ●送料、査定料、振込手数料無料
    詳しくはこちら
  • 予約なしで行きたいときに立ち寄れる
    店頭買取
    • ●その場で現金買取
    • ●個別対応でプライバシー対策
    • ●ご予約不要
    詳しくはこちら
ご相談・買取予約・査定依頼などお気軽にお問い合わせください
営業時間 : 年中無休 9:00~18:00
買取予約 WEB査定 LINE予約

中小企業からニッポンを元気にプロジェクト
公式アンバサダー ウエンツ瑛士

新型コロナウイルス対策を徹底しています

お客様の声

ご都合に合わせてお手間なく買取させていただきます
買取専門店ウリエルの
3つの買取方法
  • 手間いらず。高価なものでも安心
    出張買取
    • ●出張料無料
    • ●その場で現金買取
    • ●その場で追加OK
    詳しくはこちら
  • 忙しい方にピッタリ!
    宅配買取
    • ●全国対応
    • ●査定用キットを無料送付
    • ●送料、査定料、振込手数料無料
    詳しくはこちら
  • 予約なしで行きたいときに立ち寄れる
    店頭買取
    • ●その場で現金買取
    • ●個別対応でプライバシー対策
    • ●ご予約不要
    詳しくはこちら
ご相談・買取予約・査定依頼などお気軽にお問い合わせください
営業時間 : 年中無休 9:00~18:00
買取予約 WEB査定 LINE予約

中小企業からニッポンを元気にプロジェクト
公式アンバサダー ウエンツ瑛士

プレミア切手について

プレミア切手とは

プレミア切手と聞きますと、1枚で高額な値段が付く切手のようなイメージをお持ちかもしれません。

ですが実はプレミア切手の定義は、「切手の額面金額より上回る金額で取引される切手」となっています。

つまり、額面から1円でも高く買い取られているならば、それはプレミア切手なのです。

そのためプレミア切手には、1枚数十円のものから数百万円になるものまで、たいへん多くの種類が存在します。

その中でも特に有名で高価なものとしては、明治時代など古い日本の切手文化大革命時代の中国の切手があり、現在でも積極的に売買が行われています。

プレミア切手は需要や時代背景から価値が変動する

いわゆる収集品というものは、それに価値を見出す収集家の需要があってはじめて値段が付くものです。

通常であれば古かったり使用できないものは新品より値が下がるにもかかわらず、中にはプレミアムが付いて高額で取引される物があるのも、需要があればこそです。

それではプレミア切手の状況はどうなのかと言いますと、日本においては一時期のブームが過ぎ去った後はコレクターが減少傾向にあり、徐々に価格が下がってきています。

また非常に高額な買取が望める中国切手においても、中国の景気悪化に伴い買取価格の下落傾向が見られます。

全体として今後の価格上昇が望める状況とは言い難いため、もしお持ちの切手コレクションの売却をお考えであれば、買取実績のある専門店への早めのご相談をおすすめします。

プレミア切手の種類別の相場:一例

額面金額より1円でも高く取引されていればプレミア切手に該当するため、プレミア切手は膨大な数があります。

しかしその中でも、1枚数千円を超えるようなものは滅多になく、貴重なものです。

そのような貴重なプレミア切手の中でも、広く有名なものを解説します。

見返り美人切手

プレミア切手の中で最も有名なものの一つが、この見返り美人切手ではないでしょうか。

発行は1948年で、1991年と1996年の切手趣味週間には復刻版が発行されました。

特徴としては、普通の切手が縦が2.35センチメートル、横が1.2センチメートルのところ、見返り美人切手は縦が6.7センチメートル、横が3センチメートルと倍以上に大きいことです。

現存する日本最大の切手のひとつになります。

デザインは、江戸時代の浮世絵師である菱川師宣の作品から採用されています。

その優美な図柄から切手愛好家からの評価は非常に高く、発行部数は200万部ほどと少なくないにもかかわらず、高価で取引されています。

買取価格の相場は1枚で1,500円ほど、5枚シートであれば10,000円ほどになります。

月に雁切手

月に雁切手は、見返り美人切手と並び称されるたいへん有名な切手です。

1949年の切手趣味週間に発行され、縦が6.7センチメートル、横が3センチメートルというビッグサイズとその構図の素晴らしさで、発行直後から大変な人気を博しました。

当時の大卒初任給が2~3万円だった中、その値段は1万円にもなったほどです。

デザインは江戸後期の浮世絵師である、歌川広重の作品から採用されています。

現在の買取価格はブーム時ほど高騰していませんが、それでも高い部類です。

1枚1,500円ほどで取引されており、シートであれば10,000円ほどの値が付くでしょう。

ビードロを吹く娘切手

ビードロを吹く娘切手は、日本初のカラー印刷がされた切手です。

発行は1955年で、見返り美人切手や月に雁切手と同様、浮世絵からデザインを採用しています。

ビードロを吹く娘切手の原画は、喜多川歌麿が描いたものです。

構成の美しさから、その後の外国の切手にも影響を与えたといわれる切手です。

貴重で人気の高いプレミア切手ではありますが、発行部数は550万枚と多く希少価値はそこまでありません。

そのため買取価格も現在は1枚200円ほど。

シートであれば2,000~3,000円ほどになります。

菊切手

菊切手は、明治時代の1899年~1908年にかけて発行された切手です。

菊は天皇家の紋章であり、発行時期がちょうど日清・日露戦争と同時期であることを考えると、当時の日本のナショナリズムを色濃く表している切手とも言えそうです。

発行時期が長いため、さまざまな色や額面が存在します。

また贋物が本物よりも高い値が付くという、非常に珍しい側面を持っています。

これはいったん出回った贋物が、すぐに発見されて中止されたためにかえって希少価値があるというおもしろい事情から来るものです。

買取価格は多くの種類がありますが、1枚1,000円~15,000円くらいで取引されることが多いです。

中でも15銭と25銭、1円は10,000円以上の査定額が期待できます。

桜切手

桜切手は、日本で最も古い切手である竜切手の次に発行された切手です。

竜切手、鳥切手とともに「手彫切手」の一種類でもあります。

発行は1872年で、四隅に桜の意匠が施されたシンプルな構図が収集家から人気です。

桜切手は額面の違いの他に台紙の種類、表記されたカナの有無などで細分化され、40種類ほど存在します。

発行枚数にばらつきがあり、発行枚数が少ないものの中には1,000万円を超えるほどの驚くべき高値で取引されるものもあります。

実際にテレビのある鑑定番組では、3枚の桜切手に4,000万円の値段が付けられていました。

特に「20銭 赤紫色」という桜切手は、日本の切手では3本の指に入るほど貴重なもので、もし未使用のものが出てきたなら数億円の価値があると言われています。

その他の買取価格も、1枚1,000円のものから100万円を超えるものまで多岐に渡ります。

知識の無い者が正確に査定するのは至難の業です。

お手元に桜切手をお持ちの方は、実績のある買取専門店に相談することをおすすめします。

鳥切手

鳥切手は日本で4番目に発行された切手です。「手彫切手」と呼ばれる手彫りの原版から刷られた切手としては、3番目であり最後のものになります。

発行は1875年であり、その年
から開始された国際郵便用に発行された切手です。

額面は国際郵便料金に合わせて決められており、12銭、15銭、45銭の3種類です。

それぞれにさらに「イ、ロ、ハ」のカナ表記が振り分けられていますので、組み合わせは9通りあることになります。

また描かれている鳥は同じものではなく、「かり」が12戦、「せきれい」が15銭、「たか」が45銭にそれぞれ描かれています。

買取価格は、45銭ハが30,000円、12銭ハが10万円以上と高額です。

それ以外は10,000円ほどで買取されています。

竜切手

竜切手は、日本で最初に発行された切手です。

1871年に日本で郵便制度が始まったと同時に発行され、この時発行されたのは江戸時代の通貨である「文」をそのまま使用した「竜文切手」になります。

その後通貨単位が「文」から「銭」に変更されたため、1872年に「竜銭切手」が発行されました。

ですから厳密に言えば「竜文切手」が日本初、「竜銭切手」が2番目ということになります。

竜切手をデザインしたのは、明治時代のお札(太政官札)をデザインした松田敦朝です。

偽造防止のために、このように複雑な龍の模様になったと言われています。

竜文切手にはミシン目も裏糊も無く、現代の切手とはまったく違うものでした。

竜銭切手になってようやくこの二つが揃い、切手らしくなってきます。

買取価格は非常に高く、それぞれ以下のようになります。

竜文切手

状態

 

価格

消印有り

数千円ほど(200文と500文は少し上がる)

第二版 200文

50,000円程度

第一版 500文

50,000円程度

未使用 200、500文以外

10,000~40,000円程度

竜銭切手

状態

価格(いずれも消印有りは減額)

半銭

数千円程度

2銭、5銭・1銭(第二版)

10,000~40,000円程度

1銭(第一、第三版)

100,000円程度

梅蘭芳舞台芸術切手

梅蘭芳舞台芸術切手は、文化大革命時の1962年に中国で発行された切手です。

切手名の梅蘭芳は、京劇の「四大名旦」と称されるスーパースターでした。

文化大革命時の中国切手は軒並みプレミアが付いており、この梅蘭芳舞台芸術切手もそうです。

発行はバラの8種類と小型シートがあり、どちらも高値で取引されています。

買取価格は、バラ8種で未使用のものが5万円前後、使用済みでも2万円前後になります。

小型シートは、数十万円で買取されることも珍しくありません。

中国切手

プレミア切手を語る際に、避けては通れないのが中国切手の存在です。

中国切手で特に価値が高いのは文化大革命時の1966年から1976年に発行されたものになります。

この当時の中国では、コレクション目的での切手などの所有が禁止されていたため、発行された切手の多くが失われてしまっています。

このようにそもそも希少性が非常に高かったうえに、中国の富裕層たちがコレクションや投資目的のために買い漁ったため、需要に供給が追い付かず異常な高値になっていったのです。

赤猿切手

中国切手の中で最も有名なものが、この赤猿切手ではないでしょうか。

発行は1980年と文化大革命は終わっている年なのですが、まだ騒乱は続いていて切手をコレクションするのは難しかったようです。

細部まで精緻に書き込まれた図柄は大変美しく、金粉がまぶされている豪奢さもあって収集家からの絶大な人気を誇っています。

赤猿切手には驚異的と言える高いプレミアが付いており、買取価格はバラ1枚でも10~20万円にのぼります。

シートでの売却であれば1シートで800万円以上、80枚入りの美品で1億円の値が付いた、という話もあるほどです。

とにかく高価な赤猿切手ですが、贋物も多く出回っているため注意が必要です。

大パンダ切手

大パンダ切手はその名の通りパンダがメインに描かれた切手であり、パンダの本場である中国らしい切手と言えます。

発行は2度されており、それぞれ1次(1963年)・2次(1973年)と呼ばれています。

1次では3種類、2次では6種類の切手が発行されました。

赤猿切手や他の文化大革命時に発行された切手と比較すると買取金額は高くありませんが、その可愛らしい図柄から非常に多くのファンが存在する切手です。

買取金額は、1次2次それぞれのコンプリートで3,000円程度になります。

シートであればさらに高値が期待できます。

価値の高いプレミア切手とは?

消印の日付が初日印の切手

通常では、消印が押されてしまった切手は価値が下がります。

しかし例外があり、初日印と呼ばれる消印が押されたものはむしろ価値が上がる可能性があります。

この「初日印」とは、切手やはがきの発行当日にのみ押される消印のことです。

初日印が押された封筒と切手のことを、「初日カバー」と呼びます。

これは特別な価値があり、高い値を付ける収集家も多くいます。

現在ではなかば意図的に作られることが多い初日印ですが、古い切手に偶然初日印が押されている場合などは、思わぬ高値で取引される可能性があります。

初日印でなくとも、「オリンピック記念切手にオリンピック当日の消印」など特別な組み合わせのものも価値があります。

また、購入者のほとんどが投機目的で実際の郵便で使用された例がわずか、などのケースでは、消印が押されていたほうが希少価値が出て高値が付くこともあります。

いずれにせよ素人が判断することは困難なため、消印が押されているからとあきらめずに、一度実績のある買取専門店に相談することをおすすめします。

保存状態が良く劣化の少ない切手

保存状態が良く、劣化の少ない切手は価値があります。

当然のように思えるかもしれませんが、切手はそもそも消耗品であるうえに湿気に弱く強度も低いため、発行当時のまま保存するのが非常に難しい品物なのです。

また現在どんなに良い保存状況であったとしても、一般家庭などの環境ではどうしても経年劣化は避けられません。

お手元に保存状況の良い切手がありましたら、劣化して価値が下がる前に売却を検討するのも良いでしょう。

プレミア切手を少しでも高く売るには

まとめて売る

切手を査定に出す場合、バラバラで持って行かずにある程度整理をし、まとめてから依頼するようにしましょう。

切手は物自体が小さく強度も低いため、違う種類のものが入り混じっていたりすると、整理するだけでも店側の負担になります。

そのため、買取金額から整理費用を減額されてしまうのです。

種類・額面だけでも整理し、見た目にもわかりやすい状態で査定に出すようにすれば、査定のプラスポイントになります。

直射日光・湿気に注意して保管する

切手の保存状態で価値は劇的に変わります。

シミ、ヤケ、擦れ、折れ、破れ、ヨレなどがあると、買取価格はかなり下がってしまいます。

切手は湿気に弱く、劣化が進みやすい品物です。

特に古くて価値のある切手は、変色などが進行するスピードが高いため注意が必要です。

空気に触れないよう密閉し、湿気の少ない冷暗所に保管するようにしましょう。

しかしどんなに良い保管方法でも、一般家庭ではどうしても劣化が進んでしまうものです。

大切な価値ある切手が劣化のため買値が付かなかった、などということにもなりかねません。

まずは一度、実績ある専門の買取業者に相談することをおすすめします。

プレミア切手買取に関する
よくあるご質問

  • 手元にある切手の価値が不明ですが査定はしてもらえますか?

    はい、価値が不明でも査定させていただきます。切手の専門知識をもつ査定士が拝見し、適正な買取価格をご提示させていただきます。

  • 切手が古く、額面が円ではなく「銭」なのですが買取可能ですか?

    古い切手の中には、非常に価値のある切手もございます。全ての切手が買取できるとも限りませんが、査定は無料ですので、ぜひお問い合わせください。

  • バラ切手1枚からでも査定はしてもらえますか?

    切手には、1枚でも数十万の価格が付くプレミア切手などが存在します。1枚からでも査定させていただく事は可能ですので、お気軽にお問合せください。

  • 消印のついている使用済みの切手は買取していませんか?

    使用済みの切手は、基本的に買取しておりません。しかし、価値の高い切手であれば使用済みでも買取可能な場合がございますので、ぜひお問い合わせください。

  • 汚れていたり、破れてしまっている切手は買取してもらえませんか?

    切手の欠損具合によりますが、価値の高い切手であれば買取できる可能性があります。実際にお見せいただかなければ判断致しかねますので、無料査定をご利用ください。

  • 切手は時期によって価格変動しますか?

    コレクターの減少により、切手の買取価格は年々減少傾向にあります。切手をお持ちの方は、お早めのご売却をおすすめしております。

  • プレミア切手とは何ですか?

    額面以上の価値がある切手のことです。たとえば発行枚数が少ない切手は、入手困難なためプレミア切手になりやすい傾向があります。また、発行枚数が多くても現存枚数が少ない切手もプレミア切手となる場合があります。

  • 切手が大量にありますが、仕分けしてから査定に出した方がいいのでしょうか?

    仕分けされていない切手でも、そのまま査定に出していただいて問題ございません。ウリエルでは”仕分けされていないから”といった理由で査定をお断りすることはございません。1枚1枚丁寧に査定させていただきます。

  • 台紙が付いていますが問題ないですか?

    バラ・シートと同じく台紙貼り切手も査定させていただきます。過去にお客様の予想を上回る買取価格が提示できた事例もございます。ご遠慮なくお問い合わせください。

  • 店頭買取を利用したいです。切手も対応してくれますか?

    もちろん対応いたします。現在、店頭買取は混雑回避のため予約制です。お手数ですが事前にお申込みください。

  • 切手はどのように査定されるのでしょうか?

    出張買取・店頭買取では、担当の査定士がお客様の目の前で査定いたします。また、店頭買取ではお客様のプライバシーを配慮した上で査定をさせていただいております。他のお客様に会話を聞かれたり、お品物を見られることはございませんでご安心ください。

  • 査定をキャンセルした場合、料金は発生しますか?

    いいえ、キャンセル料はいただきません。買取価格にご満足いただけない場合は遠慮なくお申し付けください。ウリエルでは査定料・出張料・送料などお客様にお支払いいただく料金は一切ございません。

切手買取コラム

ご都合に合わせてお手間なく買取させていただきます
買取専門店ウリエルの
3つの買取方法
  • 手間いらず。高価なものでも安心
    出張買取
    • ●出張料無料
    • ●その場で現金買取
    • ●その場で追加OK
    詳しくはこちら
  • 忙しい方にピッタリ!
    宅配買取
    • ●全国対応
    • ●査定用キットを無料送付
    • ●送料、査定料、振込手数料無料
    詳しくはこちら
  • 予約なしで行きたいときに立ち寄れる
    店頭買取
    • ●その場で現金買取
    • ●個別対応でプライバシー対策
    • ●ご予約不要
    詳しくはこちら
ご相談・買取予約・査定依頼などお気軽にお問い合わせください
営業時間 : 年中無休 9:00~18:00
買取予約 WEB査定 LINE予約

中小企業からニッポンを元気にプロジェクト
公式アンバサダー ウエンツ瑛士