セイコー【クレドール】の買取・査定ブランド時計の高価買取実績多数!相場以上で高く売るならウリエルへ

クレドールの腕時計の買取にお困りではありませんか?高級時計として位置付けられているクレドールですが、買取に出す店舗やサービスによって価格に差があります。買取専門店ウリエルでは、クレドールの各種シリーズの高価買取が可能です。無料査定も行っているので、ぜひご活用ください。

クレドールの買取例

ご都合に合わせてお手間なく買取させていただきます
買取専門店ウリエルの
3つの買取方法
  • 手間いらず。高価なものでも安心
    出張買取
    • ●出張料無料
    • ●その場で現金買取
    • ●その場で追加OK
    詳しくはこちら
  • 忙しい方にピッタリ!
    宅配買取
    • ●全国対応
    • ●査定用キットを無料送付
    • ●送料、査定料、振込手数料無料
    詳しくはこちら
  • 予約なしで行きたいときに立ち寄れる
    店頭買取
    • ●その場で現金買取
    • ●個別対応でプライバシー対策
    • ●ご予約不要
    詳しくはこちら
ご相談・買取予約・査定依頼などお気軽にお問い合わせください
営業時間 : 年中無休 9:00~18:00
買取予約 WEB査定 LINE予約

中小企業からニッポンを元気にプロジェクト
公式アンバサダー ウエンツ瑛士

新型コロナウイルス対策を徹底しています

お客様の声

ご都合に合わせてお手間なく買取させていただきます
買取専門店ウリエルの
3つの買取方法
  • 手間いらず。高価なものでも安心
    出張買取
    • ●出張料無料
    • ●その場で現金買取
    • ●その場で追加OK
    詳しくはこちら
  • 忙しい方にピッタリ!
    宅配買取
    • ●全国対応
    • ●査定用キットを無料送付
    • ●送料、査定料、振込手数料無料
    詳しくはこちら
  • 予約なしで行きたいときに立ち寄れる
    店頭買取
    • ●その場で現金買取
    • ●個別対応でプライバシー対策
    • ●ご予約不要
    詳しくはこちら
ご相談・買取予約・査定依頼などお気軽にお問い合わせください
営業時間 : 年中無休 9:00~18:00
買取予約 WEB査定 LINE予約

中小企業からニッポンを元気にプロジェクト
公式アンバサダー ウエンツ瑛士

セイコーブランド:クレドールについて

まずは時計ブランド「クレドール」とはどのようなブランドなのか、その概要や歴史についてご紹介します。

クレドールとは

クレドールとは、日本が誇る時計メーカー「セイコー」の自社ブランドです。

セイコーといえば腕時計はもちろん置き時計、掛け時計まで多種多様な時計を生産・販売しています。

オリンピック陸上競技で「SEIKO」を目にしたことのある人も多いはずです。

セイコーの数ある時計の中でも、クレドールは貴金属などを使った高級感あふれるドレスウォッチをメインで販売しています。

そのため18金やダイヤ装飾が施された腕時計の取り扱いが多いです。

クレドールの歴史

セイコーが誕生したのは、今から約140年前の1881年。

創業以降、数多くの革新的な時計を世に送り出し、誰もが正確な時刻を知れるようになりました。

そんな中、クレドールが誕生したのは1974年。

1960〜70年代にかけて起こった貴金属ブームの需要に応えるかたちで誕生しました。

当時セイコーで18金や14金を使った「特選腕時計」を販売していましたが、その需要の多さから独自ブランドを作ることに。

そこで誕生したのがクレドールです。

クレドールはフランス語で「黄金の頂き」という意味をもっており、ブランド誕生以降も、金やダイヤなどを使ったジュエリーウォッチを数多く世に送り出してきました。

クレドールが誇るのは、ジュエリーのゴージャス感だけではありません。

デザイン性や機能性にも優れており、昔から変わらず愛され続けています。

クレドール以外のセイコーブランド

現在クレドール以外にも数多くのブランドを展開しているセイコー。

なかでも人気のあるブランドは以下の通りです。

・アストロン
・プロスペックス
・プレザージュ

アストロンは、セイコーが生み出した「クォーツ式腕時計」から名を取ったブランド。

クォーツ式とはゼンマイ式ではなく「電気」で動く時計のことで、アストロンは世界初のソーラーウォッチのブランドおしても知られています。

プロスペックスは、アウトドアやスポーツ向けに設計された機能性重視のブランドです。

なかでも世界の冒険家や探検家、ダイバーから愛されているのが「マリンスター プロフェッショナル」という腕時計です。

南極観測越冬隊の装備品としても使用された実績があります。

プレザージュは、セイコーの時計作りの伝統を受け継いだブランド。

シンプルながらも美しいデザインが魅力的で、日本の伝統技術や精神性に基づいて作られたシリーズもあります。

スーツを着る場面はもちろんカジュアルファッションとして普段使いする人も多いです。

クレドールの人気シリーズと買取相場

それでは本題である、クレドールの人気シリーズと買取相場を見ていきましょう。

それぞれの特徴や買取相場の表をご紹介します。

シグノ

ダミー画像

シグノは、セイコーを象徴する「シンプルながらも美しい」が表現されたシリーズです。

時計盤はブラックやホワイト、ネイビーなどシンプルな色合いがメイン。

「シグノ メカニカル」と呼ばれるシグノの中でもトップクラスに高価な品も存在します。

買取価格は50,000円程度のものから200,000円を超えるものまで、個体によって差があります。

名称 買取価格
シグノ GSAS042 130,000円
シグノ GSTE849 100,000円
シグノ GCAZ053 50,000円
シグノ GCAR042 160,000円

フェニックス

ダミー画像

フェニックスは、文字通り「不死鳥」のように強靭な生命力を宿らせるという意味で生産されたシリーズ。

2003年に生産終了となっていますが、立体的なダイアルやケースなど細部まで作り込まれたデザインが特徴的です。

名称 買取価格
フェニックス GCBR997 8L75-0A10 38,000円
フェニックス GCBP997 6S78-0A10 71,000円
フェニックス GCBP997 65,000円
フェニックス GCBP997 クロノグラフ タキメーターベゼル 58,000円

パシフィーク

ダミー画像

パシフィークは、スタイリッシュで実用性に優れたシリーズ。

クロノグラフやデイデイトが備わっていることから、ビジネスマンからも多くの人気を集めています。

名称 買取価格
パシフィーク GCAX997 20,000円
パシフィーク GCBK993 パワーリザーブクロノ 84,000円
パシフィーク GCAR016 クオーツ式8J81-6A20 18,000円

ミニッツリピーター

ダミー画像

ミニッツリピーターは、クレドールの数ある商品の中でもトップクラスに高価な腕時計です。

8時のところにあるボタンを押すと、2種類のハンマーがゴング(鐘)を打ち、そのときの音色とリズムの組み合わせで現在の時刻を知らせる仕組みになっています。

ミニッツリピーターは、買取実績のある店舗やサービスが少ないため「要相談」となるケースが多いです。

新品を買った場合、高いもので1本4,000万円するので、一概に相場では表せません。

買取可能かどうかを確認してから査定してもらうようにしましょう。

ノード

ダミー画像

ノードは、2004年に誕生したシリーズ。

「柔らかさとシャープさ」という正反対の要素を融合させることで美しさを引き立てるドレスウォッチです。

日本の美の精神を感じられる腕時計といえるでしょう。

名称 買取価格
ノード GCBT993 レトログラード 108,000円
クレドール ノード GCBT993 NODE GCBT99 104,000円
ノード GBAY992 500本限定モデル 214,000円
ノード GBLG999 スプリングドライブ限定プラチナケース 367,000円

その他

ダミー画像

クレドールには、上記でご紹介した人気モデル以外にも数多くのモデルを販売しています。

たとえば「アンティーク」「リネアクル」「ジュリ」など。

どれも100,000〜250,000円程度の価値が付くので、一度査定に出してみるのも良いでしょう。

名称 買取価格
アンティーク 5A74-0030 ゴールドダイアル 180,000円
リネアクルバGHJX140 5A74-0060 240,000円
ジュリ GBJX032 ヴィンテージ 175,000円

※全ての相場は目安であり、買取価格をお約束するものではございません。

クレドールの買取市場での特徴

数多くのシリーズがあるクレドールですが、買取市場ではどのような特徴があるのでしょうか。

ここで詳しくご紹介します。

18K/ダイヤ装飾があるものは高価買取

クレドールの腕時計の中でも「18K(18金)」や「ダイヤ装飾」があるものは高価買取が期待できます。

具体的な製品名だと、「クレドール 8N70-6270 18金」「ダイヤベゼル」など。

やはり金やダイヤモンドは需要がある上に「愛好家」も多いため、買取市場において高額取引される傾向にあります。

高級時計だが買取価格にはばらつきがある

クレドールは「高級時計」に位置付けられていますが、買取価格にはバラつきがあります。

たとえばシグノの場合でも、「シグノ GCAZ053」だと50,000円、「シグノ GCAR042」だと160,000円です。

ノードの場合でも「ノード GCBT993 NODE GCBT99」で104,000円、「ノード GBLG999 スプリングドライブ限定プラチナケース」367,000円と査定額にムラがあります。

そのため「クレドールのシグノだから絶対に20万円は超えるだろう」など期待のしすぎは禁物です。

製品によって買取金額に大きな差があることを念頭に査定に出しましょう。

このようなクレドールの時計は高価買取いたします

クレドールを買取に出すのなら、高く売りたいですよね。

なかでも以下のようなクレドールは高値で取引されやすいです。

人気のモデルや希少性の高いもの

販売中のクレドールの中でも「人気モデル」は高価買取が期待できるでしょう。

たとえば「シグノ GCAR042」や「フェニックス GCBP997 6S78-0A10」などです。

シグノやフェニックスの中でも、状態の良いものはかなりの高値で取引される傾向にあります。

また生産終了してしまったモデルも「希少性」が高いため高価買取の可能性が高いです。

クレドールだと「ノード GBAY992 500本限定モデル」や「ノード GBLG999 スプリングドライブ限定プラチナケース」といった限定品がなどは高価買取が期待できます。

状態がよいもの

クレドールに関係なく「腕時計の状態」も買取価格に大きく影響します。

腕時計の表面にキズが付いている、なんらかの理由で針が正確に動かないなど、見た目や機能面に影響がある場合は買取価格が大きく下がってしまいます。

そのため高値でクレドールを売るためには、可能な限り「買った当時のまま」の状態で売ることを意識しましょう。

良い状態をキープするためにも、日頃から腕時計を大切に使う、ケアをしてあげることが大切です。

クレドールを少しでも高く売るために

せっかくクレドールを売りに出すのなら、できるだけ高く売りたいですよね。

そこで、クレドールを少しでも高く売るためのポイントをいくつかご紹介します。

購入時の付属品はすべてセットに

購入時に付いてくる箱や説明書、保証書などの「付属品」はセットで売るようにしましょう。

特に重要なのが「保証書」です。

その商品の価値に大きく影響を与えるという意味で「ギャランティーカード」ともいわれています。

なぜ保証書が重要なのか、それは世の中には「完璧な品物」を求める愛好家が多いからです。

その腕時計が本物かどうか確かめるという意味でも保証書は重要になります。

また購入後に別のベルトに変えた場合は、付属のベルトに替えてから売るのが良いでしょう。

できる範囲でお手入れしてから査定へ

腕時計が汚れている場合、自分でできる範囲でお手入れしてから売るのがおすすめ。

できることといえば「布で拭く」くらいですが、やるのとやらないのとでは製品の見た目も変わってきます。

査定にも少なからず影響を与えるでしょう。

もっと綺麗にしたいという理由で「研磨」をする人もいますが、時計を磨くのは基本的にNGです。

慣れない人が研磨を行うと、かえって時計にキズが付いてしまうことも。

無理せずできる範囲で時計をケアしてあげましょう。

不要なアイテムの売却は早めに

売ろうかどうか迷っている場合は、できるだけ早めに売ってしまうのが吉です。

腕時計をはじめとするブランド物は、トレンドや経年数による価格の変化が激しい傾向にあります。

なかには10年20年経過しても価値がまったく下がらないブランド品もありますが、基本的には時間が経つにつれて価値が下がると考えておいてくださいね。

ウリエルでは、腕時計をはじめ記念硬貨や宝石などさまざまなブランド品の買取実績があります。お気軽に無料査定をご利用ください!

クレドール買取に関する
よくあるご質問

  • ホームページに記載のないブランドは買取できませんか?

    当社ホームページの記載はあくまで一例となります。記載のないブランドも幅広く買取しておりますので、お気軽にご依頼ください。

  • 本体のみで付属品がありませんが買取はできますか?

    本体のみでも買取は可能です。ただし、付属品が揃っている方が買取価格はアップしますので、残っているものだけでも一緒にお持ちください。

  • 動かない時計でも買い取ってもらえる?

    動かない時計も買取対象ですが、実際に拝見させていただいてからの判断となります。査定に費用はかかりませんので、まずはお問合せ下さい。

  • どこのブランド時計が高く売れますか?

    「ロレックス」や「ウブロ」、「オーデマピゲ」などの高級時計は高価買取になることが多いです。しかし、流行や在庫状況、お品物の状態などによっても価格は変動いたします。

  • アンティーク時計でも売れますか?

    はい、古いアンティーク時計でも買取は可能です。また、ブランドによっては高価買取が期待できるものもございます。※状態によっては買取できない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

  • 査定をキャンセルした場合、料金は発生しますか?

    ウリエルでは、査定料や買取手数料、キャンセル料、出張費用などすべて無料でご利用いただけます。お客様にご負担いだだく料金は一切ございません!お気軽にご利用ください。

  • 時計の買取価格はどんな要素で判断されるのでしょうか?

    時計の買取価格は、条件によって様々です。主に影響の出やすいポイントとして、商品の状態、流行、中古市場の販売価格などとなります。なお、上記ポイントはあくまで一例となります。正確な価値を知りたいのであれば、ぜひ無料査定をご利用ください。

  • 新しいモデルであれば買取価格は期待できますか?

    一部例外はあるものの、基本的に高くなる傾向にあります。新型の時計は、発表されてから市場に流通するまでに半年ほどかかるため、発売時期に入手するのが困難です。そのため、この市場に流通していない時期は、定価以上の価格で取り引きされるケースもございます。

  • 状態の基準「ランク」はありますか?

    「外観の状態」「故障の有無」「付属品の有無」を確認し、ランクを決定しています。メンテナンスの負担が少ない高品質のものほど、お客様の買取価格への還元率もアップ致します。

  • 買取価格に「円安・円高」は影響しますか?

    海外ブランドの時計については、為替などの影響を受け、定価が変動します。「円安・円高」の影響は中古市場にも大きく関わってきますが、ウリエルでは国内相場と併せて海外相場もチェックしており、お品物をより良い相場でお取引できるよう努めています。

  • 腕時計以外も買取してもらえますか?

    腕時計の他にも、懐中時計や置時計、壁掛け時計など幅広く対応しています。また、時計パーツや付属品についても大歓迎です。他店で断られたものでも、ウリエルなら買取ができるかもしれません。ぜひご相談ください。

  • しばらくオーバーホールしていませんが問題ありませんか?

    オーバーホールしていないから査定ができない、ということはございません。ウリエルの査定士が丁寧に査定させていただき、価値に見合った買取価格を提示いたします。

時計買取コラム

ご都合に合わせてお手間なく買取させていただきます
買取専門店ウリエルの
3つの買取方法
  • 手間いらず。高価なものでも安心
    出張買取
    • ●出張料無料
    • ●その場で現金買取
    • ●その場で追加OK
    詳しくはこちら
  • 忙しい方にピッタリ!
    宅配買取
    • ●全国対応
    • ●査定用キットを無料送付
    • ●送料、査定料、振込手数料無料
    詳しくはこちら
  • 予約なしで行きたいときに立ち寄れる
    店頭買取
    • ●その場で現金買取
    • ●個別対応でプライバシー対策
    • ●ご予約不要
    詳しくはこちら
ご相談・買取予約・査定依頼などお気軽にお問い合わせください
営業時間 : 年中無休 9:00~18:00
買取予約 WEB査定 LINE予約

中小企業からニッポンを元気にプロジェクト
公式アンバサダー ウエンツ瑛士