ミントン(MINTON)の買取ならウリエルへ:ブランド食器の高価買取実績多数!プロの査定で相場以上の買取価格をご提示します

「ギフトでもらってそのまま置いてある」など、処分に困っているミントン(MINTON)の食器はございませんか?現在、ミントンの食器は生産ストップのため入手困難。買取市場でも特に人気の高いブランドの1つです。ウリエルはミントン買取のお客様満足度No.1!まずはお気軽にウリエルの無料査定をご依頼ください!

ミントンの買取例

  • 千葉県野田市出張買取
    買取日:2021/04/04ミントン

    ミントン ハドンホール タペストリー

    買取価格
    ¥5,000
ご都合に合わせてお手間なく買取させていただきます
買取専門店ウリエルの
3つの買取方法
  • 手間いらず。高価なものでも安心
    出張買取
    • ●出張料無料
    • ●その場で現金買取
    • ●その場で追加OK
    詳しくはこちら
  • 忙しい方にピッタリ!
    宅配買取
    • ●全国対応
    • ●査定用キットを無料送付
    • ●送料、査定料、振込手数料無料
    詳しくはこちら
  • 予約なしで行きたいときに立ち寄れる
    店頭買取
    • ●その場で現金買取
    • ●個別対応でプライバシー対策
    • ●ご予約不要
    詳しくはこちら
ご相談・買取予約・査定依頼などお気軽にお問い合わせください
営業時間 : 年中無休 9:00~18:00
買取予約 WEB査定 LINE予約

中小企業からニッポンを元気にプロジェクト
公式アンバサダー ウエンツ瑛士

新型コロナウイルス対策を徹底しています

お客様の声

ご都合に合わせてお手間なく買取させていただきます
買取専門店ウリエルの
3つの買取方法
  • 手間いらず。高価なものでも安心
    出張買取
    • ●出張料無料
    • ●その場で現金買取
    • ●その場で追加OK
    詳しくはこちら
  • 忙しい方にピッタリ!
    宅配買取
    • ●全国対応
    • ●査定用キットを無料送付
    • ●送料、査定料、振込手数料無料
    詳しくはこちら
  • 予約なしで行きたいときに立ち寄れる
    店頭買取
    • ●その場で現金買取
    • ●個別対応でプライバシー対策
    • ●ご予約不要
    詳しくはこちら
ご相談・買取予約・査定依頼などお気軽にお問い合わせください
営業時間 : 年中無休 9:00~18:00
買取予約 WEB査定 LINE予約

中小企業からニッポンを元気にプロジェクト
公式アンバサダー ウエンツ瑛士

ミントンについて

買取市場でも需要が高いミントン。

ブランドの特徴や歴史を紹介します。

ミントンとは

ミントン2

ミントンはイギリスの食器ブランドです。

ヴィクトリア女王から「世界一美しいボーンチャイナ(牛の骨灰を原料に混ぜた高級磁器)」と称され、多くの国で王室御用達として愛されてきました。

どちらかといえばシンプルな食器が多いミントンですが、1820年頃からの一時期、「豪華絢爛な金装飾」を施した品々を作っていました。

当時のテイストを色濃く残すアンティーク・ミントンは現在でも高い価値があり、プレート1枚で数百万円の価値がつくこともあるほどです。

ミントンは根強いファンの多い食器ブランドです。

しかし、残念なことに現在はブランド廃止されており、入手困難になってしまいました。

そのため、買取市場においてミントンの人気は高騰しています。

ミントンの歴史

ミントの歴史の始まりは1793年。

銅版彫刻師だったトーマス・ミントンが、イギリスのスタッフフォードシャーに窯を設立したことでスタートします。

創業当初、トーマスは白い磁器に青い模様を描いたシンプルで実用的な食器を生産していました。

1798年にボーンチャイナの製造を開始したことで、ミントンの名声は高まります。

ミントンが大きく飛躍したのは、トーマスの息子ハーバード・ミントンの時代です。

ハーバードは多くの熟練職人や芸術家を集めて新しい技法を生み出し、人形や豪華な装飾の施された食器の製造など、父トーマスとは異なる経営方針で事業を拡大します。

1851年にはロンドン万博で高評価を得ることに成功し、ヴィクトリア女王より「世界一美しいボーンチャイナ」と大絶賛されます。

そして1856年、ミントンはついに王室御用達ブランドの仲間入りを果たすのです。

その後も、金の腐食を用いた技法「アシッド・ゴールド」の開発や、大ベストセラー「ハドンホール」を発表するなど、ミントンの躍進が止まることはありませんでした。

ハーバード亡き後、経営を引き継いだ甥のコリン・ミントン・キャンベルが中国や日本風の陶器を作り、ミントンに新たな息吹をもたらします。

1968年、ミントンは同じイギリスの陶磁器メーカー「ロイヤルドルトン社」と吸収合併されます。

2005年にはロイヤルドルトン社がウォーターフォード・ウェッジウッド社と合併したことで、ミントンも同社の傘下となります。

そして2015年、フィンランドの企業「フィスカース」に親会社ロイヤルドルトンが買収されたことにより、ミントンブランドは事実上廃止となってしまいました。

現在、ミントンは一般市場にほとんど出回らないため、希少価値が上がっています。

ミントンの人気シリーズと買取相場

ミントンの人気シリーズと買取相場を紹介します。

ミントンの買取市場における価値には以下の傾向があります。

・一般的なミントンの買取相場は数百円〜1,000円前後
・アンティーク・ミントンやレアなシリーズは数万円の買取価格がつくこともある
・需要が高いのはカップ&ソーサー、プレート、トリオ(カップ&ソーサーとプレートのセット)など

ヴィクトリアストロベリー

ヴィクトリアストロベリーは野イチゴの実と葉の模様が描かれたピュアホワイトの食器です。

ミントンの中ではハドンホールに次ぐ人気シリーズになります。

ヴィクトリアストロベリーは1855年から生産されている歴史のあるシリーズなので、現行品とアンティーク品があります。

アンティーク品で状態の良いものであれば数千円〜10,000円の買取価格がつくこともあるでしょう。

現行品であれば、数百円~1,000円前後の買取相場となります。

エキゾチックバード

ミントンの中で最も高価買取が期待できるのがエキゾチックバードです。

エキゾチックバードは「ミントンの3大技法」がすべて使われた唯一の作品であり、歴史的・技術的観点から見ても非常に価値の高い逸品といえます。

▼ミントンの3大技法

・レイズド・ペースト・ゴールド(金を盛り上げて立体的に彩る技法)
・パテシュールパテ(陶土をうすく溶いた液体を焼成、重ね塗りを繰り返して浮き彫り風のデザインを施す技法)
・アシッドゴールド(金を酸で腐敗させて磁器の表面に模様をつける技法)

プレートであれば10,000円以上、カップ&ソーサーは1客でも数万円の買取価格がつきます。

オータムフェスティバル

オータムフェスティバルは四季をテーマにしたフルーツが描かれた「フォーシーズンコレクション」の1つで、日本限定コレクションです。

秋がテーマのオータムフェスティバルには、ブドウなどのフルーツを収穫したバスケットや小さいチェリーが描かれています。

買取相場は、1アイテムあたり数百円〜1,000円になります。

グロブナー

グロブナーは白地にグリーンの縁取り・金色の小さな花の装飾が施されたシンプルなデザインのシリーズです。

1984年から1995年にかけて販売されていました。

現在は入手困難なシリーズではありますが、買取価格は1アイテムで数百円〜1,000円以内におさまるでしょう。

コカトリス

ヨーロッパの伝説上の怪鳥「コカトリス」が描かれた、東洋的な「シノワズリ」のイメージが強いシリーズです。

アンティーク・ミントンにはコカトリスが描かれたものも多く、このコカトリスも1800年代~1950年頃まで販売されていた古いシリーズになります。

買取価格は平均的なミントンよりも高めで、カップ&ソーサー・プレートなどで数千円。

カップ&ソーサーのトリオであれば5,000~10,000円前後の買取価格が期待できます。

シャリマー

シャリマーとはサンスクリット語で「愛と癒しの神殿」の意味で、ボーンチャイナの磁器にブルーの草花の模様が描かれたシリーズになります。

東洋の技法「染付け」に似た色使いのシャリマーは、西洋食器のエレガントさとオリエンタルな魅力が融合した逸品です。

1975年~1998年にかけて販売されていましたが、現在では入手困難となってしまいました。

買取価格はカップ&ソーサー、プレートなどでも数百円~1,000円前後が相場となります。

ハドンホール

ミントン

ミントンの中で最も人気が高く、メジャーなシリーズがハドンホールです。

ハドンホール城のタペストリーからインスピレーションを得て描かれたとされています。

ハドンホールは人気のシリーズのため、平均的なミントンの買取価格より少し高めの相場となっています。

カップ&ソーサーのペアであれば1,000~2,000円、ペアマグカップであれば1,000円前後、ティーポットは2,000円前後が買取相場です。

プレートは大きさによりますが、1,000~8,000円までの買取価格がつきます。

ペルシャローズ

ペルシャローズは、美しく咲き誇るバラと美しいターコイズカラーが特徴のシリーズです。

1950年頃まで生産されており、現在では海外のアンティークショップなどでごく稀に見かけるような希少なシリーズになります。

入手困難ではありますが、平均的なミントンの買取相場(1,000円前後)に落ち着いています。

マーロウ

マーロウは「英国の初夏のブーケ」がテーマのシリーズです。

英国の初夏に咲く野花である「バラ」「パンジー」「コスモス」がブーケのように描かれ、金彩がゴージャス感を演出しています。

カップ&ソーサー、プレートともに数百円~1,000円前後の買取相場となります。

その他

その他のシリーズも、ウリエルでは買取強化中です!

アンティーク品のブロケードをはじめ、以下のシリーズなど。

・アジアンフラワー
・ウィンブルドンコレクション
・ヴィクトリストロベリーホワイト
・ギルテッドブルー
・グリーン&ゴールド
・グラスミア、ジャスミン
・シークレットガーデン
・セントジェームス
・ディナスティー
・ドノバンバード
・ハドンホールブルー
・ハドングローブ
・ハドンホールセレブレーション
・ハドンホールクリスタル
・ハードウィック
・ハードウィック
・ハドンホールカトラリー
・ハドンホールトレリス
・ハドンホールトレリスブルー
・ハドンライズ
・フォーゲットミーノット
・フィギュリン
・ファイフフローラル
・ミントンブルー

スプリングブーケ

春の花が、まるで水彩画のような淡く繊細なタッチで描かれたシリーズです。

ハドンホールなどにも見られる、「ファイフ・シェイプ」という波を打つような形状が採用されています。

買取相場は1アイテムで数百円〜1,000円以内におさまります。

ブロケード

サテン地に浮き模様を織った「ブロケード織」のような、植物図柄の金彩が施されたシリーズです。

プレートの中央部・カップの中にはピンクのバラ&ブーケが描かれており、レッド・ブルー・グリーン・アイスグリーンなどのカラーで展開されています。

滅多にお目にかかることができないレアシリーズで、非常に価値が高くなります。

高価買取が期待できる品なので、もしお持ちならお早めに無料査定をご依頼ください!

このようなミントンは高価買取いたします

ミントンは査定に出される時の「状態」によって買取価格が左右されます。

ここでは、どのような状態のミントンが高価買取の対象になるのか解説します。

保存状態が良い

保存状態の良いミントンは高価買取いたします。

汚れ・シミ・傷・欠けなどが少ない美品ほど再販時の価値が高くなるため、高い査定額を提示しやすくなります。

セットが揃っている

ティーセット・ペアのカップ&ソーサー・トリオなど、セット品はすべて揃えて査定に出される方が買取価格が高くなります。

ミントンをお探しのお客様の中には、「贈り物にしたい」「家族みんなで使いたい」「カップルでペアで使いたい」などのご要望をお持ちの方がいらっしゃいます。

セット品が揃っていれば再販時にお客様のご要望に応えることができるため、高価買取させていただきます。

アンティーク品

金盛・透かしなどの装飾が施された「アンティーク・ミントン」は、プレミア価格で買取いたします。

ミントンの技術が惜しみなく用いられたアンティーク・ミントンは、歴史的・技術的価値が非常に高いものです。

中古市場でも人気が高く、流通量も少ないため非常に価値が高くなっています。

アンティーク・ミントンをお持ちであれば、予想以上の高値がつくかもしれません。

まずはお気軽にウリエルまでお問い合わせください!

ミントンを少しでも高く売るために

ミントンを少しでも高く売るためのコツを紹介します。

箱・付属品をセットに

購入時の付属品もセットで査定に出すことで、高価買取につながります。

付属品には以下のものがあります。

・購入時の袋
・専用の箱
・証明書(アンティーク・ミントンなど品物による)

付属品がなければ買取できないということではありません。

しかし、すべて揃っている方が再販時の価格も高く設定できるため、高価買取が可能です。

手入れしてから査定

簡単なお手入れをしてから査定に出していただくと、高価買取の可能性が高くなります。

ブランド食器は購入時のキレイな状態に近ければ近いほど、査定額がアップするからです。

ホコリや汚れを、やわらかい布で傷つかない程度に拭き取るだけでOKです。

茶渋やシミがひどい場合は漂白しておくのもひとつですが、金彩の施されたものは漂白剤が使えませんのでご注意ください。

売却は早めに

ブランド食器のデザインにも流行があります。

流行をすぎた古いデザインは中古市場の需要も低く、買取価格も下がってしまうのです。

「古ければアンティーク品として価値が上がる」というわけではありません。

ミントンの売却をお考えなら、価値が下がってしまう前に売却されることをおすすめします。

ミントン買取に関する
よくあるご質問

  • 食器のブランド名が不明ですが問題ないですか?

    ブランド名が不明でも、専門知識をもつ査定士がしっかりと拝見し、買取可能な食器であれば適正な買取価格をご提示させていただきます。

  • 汚れや破損がある使用済み食器ですが、買取可能ですか?

    状態の良くないお品物に関しては、実際に拝見しなければ買取可能かどうか判断できません。査定料は無料ですので、お気軽にご相談ください。

  • どんな食器でも買取してくれるの?

    カップ、プレート、ポットなどの洋食器、茶碗、湯呑といった和食器、その他スプーンやフォークなどのカトラリー類まで、どんな種類の食器でも買取可能です。ただし、状態によって買取できない食器もありますので、まずは一度お問合せください。

  • 1点しかなくても査定してもらえますか?

    はい、査定は1点からお受けいたします。遠慮なくご依頼ください。

  • 大量の食器を一度に査定してもらえますか?

    大量の食器も対応いたします。そのような場合、お客様に持ち運びの負担がない「出張買取」が人気です。査定士がご自宅までうかがい、その場で現金買取いたします。玄関での対応も可能ですので、お気軽にご利用ください。

  • 箱や付属品がない場合も買取してくれますか?

    付属品がなくても買取は可能です。ただし、付属品が揃っている方が買取価格はアップしますので、お持ちの際は必ずお品物と一緒にお持ち込みください。

  • 査定をキャンセルした場合、料金は発生しますか?

    ウリエルでは、査定料や買取手数料、キャンセル料、出張費用などすべて無料でご利用いただけます。お客様にご負担いだだく料金は一切ございません!お気軽にご利用ください。

ブランド食器買取コラム

ご都合に合わせてお手間なく買取させていただきます
買取専門店ウリエルの
3つの買取方法
  • 手間いらず。高価なものでも安心
    出張買取
    • ●出張料無料
    • ●その場で現金買取
    • ●その場で追加OK
    詳しくはこちら
  • 忙しい方にピッタリ!
    宅配買取
    • ●全国対応
    • ●査定用キットを無料送付
    • ●送料、査定料、振込手数料無料
    詳しくはこちら
  • 予約なしで行きたいときに立ち寄れる
    店頭買取
    • ●その場で現金買取
    • ●個別対応でプライバシー対策
    • ●ご予約不要
    詳しくはこちら
ご相談・買取予約・査定依頼などお気軽にお問い合わせください
営業時間 : 年中無休 9:00~18:00
買取予約 WEB査定 LINE予約

中小企業からニッポンを元気にプロジェクト
公式アンバサダー ウエンツ瑛士